神保町・九段下の美容院「Berry(ベリー)」

  1. 神保町・九段下の美容院「Berry(ベリー)」
  2. >カラーに関するよくある質問一覧
  3. >Q&A

日本武道館から近くの着付け美容院

神保町九段下の美容室Berryのヘアカラーに関するよくある質問と答え

カラー剤の種類とカブレついて教えてくれませんか?

カラー剤の種類とカブレついて教えてくれませんか?

外に皆様に知られていない事柄の多い
カラー剤の種類とカブレについて。

少し長い文章になりますが、
非常に大事な事柄ですので、
どうぞ最後までお読みになられて快適に
ヘアカラーを楽しんで頂けたらと思います。

カラー剤の種類の分け方には、
薬事法による分類と
機能的による分類とが御座います。

まず、薬事法による分類は
化粧品と医薬部外品の2つに分けられ,
化粧品は髪の色を変える際に、
あくまで皮膚に対する作用の
無い事が主とした目的です。

カラーリンス、カラースプレーなどと
言った商品が挙げられます。

一方の医薬部外品は、
皮膚に対する作用が多少あっても
髪の色を変える効果が主とした目的で、
ヘアダイに代表される商品や
ヘアブリーチなどの脱色剤も
こちらになります。

次に、機能的分類というのは
シャンプーによって簡単に
色落ちしてしまう一時染毛料、
長期間色落ちしない永久染毛剤、
そして化粧品でありながらも、
やや長期間色落ちしないヘアマニキュアなどの
半永久染毛料の三種類に分類されております。

薬事法分類と機能的分類の両方が
よく判る一覧がこちらになります。
(画像をクリックすると拡大表示されます)

カラー剤の種類とカブレついて教えてくれませんか?

永久染毛剤

白髪染めとして多くの方が使用されている
ヘアダイ(アルカリカラー)は酸化染毛剤と呼び、
通常はジアミン系染料の酸化染毛料と
アルカリ剤とトリートメント剤が入った
第1剤と、過酸化水素とトリートメント剤が入った
第2剤とに分かれています。

ヘアダイでの染色は毛髪内部の皮質で
発色・定着させる為に色持ちが良く、
しかも脱色しながら染色する事により、
望んだ色に染める事が可能です。

しかし、酸化染毛料には、
パラフェニレンジアミン・フェニレンジアミン
・アミノフェノールなどの発色剤と、
染め上がりの色合いに変化を付ける為の
修正剤としてメタアミノフェノール・
メタフェニレンジアミンなどが含まれ、
更に着色成分としてのニトロ化合物も
含まれておりますが、
これら全ての化学物質には、
発ガン性が指摘されており、
主成分のジアミン系化合物はアレルギー性の
接触性皮膚炎を起こします。

使用する際は皮膚に触れない様に
する事が必要で、
特に黒色系の濃色の場合は
ジアミン系化合物の量が多く、
更に注意が必要です。

脱色・脱染剤

毛髪を明るくする脱色だけを目的としたものです。

黒い毛髪を好みの明るさにまで脱色します。

脱色剤には、
毛髪の脱色のみを目的としたものと、
ヘアカラーの酸化染料だけを分解する「脱染剤」があります。

脱色剤も酸化染毛剤同様、
通常はアルカリ剤を含む1剤と、
過酸化水素を含む2剤からなりますが、
脱染剤はこれに過硫酸塩などの
酸化促進剤が加わったものです。

脱色剤・脱染剤共に、
毛髪に対する影響は大きいですので、
使用方法を守り、
慎重に取り扱う事が重要です。

半永久染毛料

酸性カラー(ヘアマニキュア)などの
半永久染毛料は酸性染料が主成分です。

染め上がりの色はご自身の髪の
メラニン色素の色と酸性カラーの色が
混ざり合って発色する為、
毛髪の色が暗いと鮮やかな色は出にくいです。

色持ちは約1ヶ月程度で、
徐々にキューティクルの隙間から
染料が抜けていき、
色が褪せていきます。

一時染毛料

カラースプレーなどの一時染毛料は、
顔料を毛髪表面に付着させることで
色を付けるものです。

手軽に髪の毛を着色できる点が
ファッション性としてのメリットですが、
持続性が無い為、
白髪染めを目的として色持ちを求める方には
向いていません。

ここで名前が似ている為に、
よく混同されるのが半永久染毛料の
酸性ヘアカラー(酸性染料)と
永久染毛剤のヘアダイ(酸化染毛料)です。

酸性ヘアカラー(ヘアマニキュア)は
髪も傷めませんしカブレも起こしませんが、
欠点として肌に付くと落ちません。

しかし、ヘアダイは上記にも注意した様に
酸化染毛料で染めますので、
カブレの注意をしなければならず、
パッチテストはしなければなりません。
(この後の文章でカブレとパッチテストに
ついては詳しく説明致します)

ちなみにカブレについては
植物でもアレルギーを起こします。

合成だから危なくて植物性だから安全などと、
間違った報道もありますのでご注意下さい。

またカラーに因る傷みはヘアカラーや
ブリーチなどに使う2剤(過酸化水素の酸化作用)に
因るものですから、
「当店ではヘアカラーしても髪を傷めません」などと
謳う、いい加減な宣伝にご注意下さい。

ですが実際には白髪が気になるからと、
4~5日に1度染める方で傷みがほとんど無い方も
居りますので要は髪質・体質次第とも言えます。

現在のようにカラーを楽しむ傾向にある中、
ブリーチを繰り返したから
単に傷んでいるというのでは無く、
化学変化を理解した科学的な知識を
基に薬を使いこなし、
デザインやテクニックと合わせていく事が
新しいスタイルの源泉になると思っています。

続いて
接触性皮膚炎(カブレ)について説明致します。 

今は2人に1人とか、
3人に1人と言われる程のアレルギーとは身体の、
健康を維持する為に異物を排する
抗原抗体反応の事を言います。

アレルゲン(抗原)が入った事を察知した
人間のリンパ組織が、
タンパク質の一種であるIgE抗体を生み出し、
これが体内に入ったアレルゲンを捕まえると、
ヒスタミンという科学伝達物質を放出し、
このヒスタミンが体の各部所に回って
アレルギー症状を引き起こします。

一般に、体内にIgE抗体が多い程、
アレルギー体質だとされます。

人にはそれぞれこのヒスタミンを
溜めておくコップの様な物があります。

それが抵抗力というもので、
このコップの大きさには個人差があり、
溢れ出てしまうと、
アレルギー症状を引き起こしてしまうのです。

症状の出る人、出ない人の差は、
個人が持つコップの大きさから
溢れ出てしまうか、しまわないかの差と
言っても良いでしょう。

このコップの大きさには近年異変が起きています。

その原因に環境が影響していると言う
研究者もおります。

接触性皮膚炎とは、
科学物質や金属、植物などに直接触れた時に、
肌に炎症を起こす
もので、一般的には「カブレ」と
呼ばれています。

接触性皮膚炎には、
刺激物(強い酸やアルカリ性物質、
うるしなどの毒性植物、虫などの出す毒)などに
触れた為に起こる「刺激性皮膚炎」と、
アレルゲン物質に、
繰り返し触れたために起こる
「アレルギー性皮膚炎」とがあり、
「刺激性皮膚炎」は誰もが発症する
可能性がありますが、
「アレルギー性皮膚炎」は
アレルギー体質の人に発症します。

白髪染やおしゃれ染の「酸化染毛剤」は、
髪にしっかりと色を定着させ、
色持ちも良いのですが、残念なことに、
人によってはこれが原因で
カブレを起こす事があります。

これは主成分である酸化染料が原因の
アレルギー反応によるもので、
ヘアカラー(酸化染毛剤)による
アレルギー性接触皮膚炎の特徴は3つあり、
1つ目に、
初めての染毛でカブレる人も居りますが、
10年以上染め続けている人に突然症状が
現れる事があり、
2つ目に、染毛して数時間後に発症する例も
ありますが、24時間以降に
強く発症する例が一般的で、
3つ目に、一度ヘアカラー(酸化染毛剤)で
カブレた人は、体内に抗体が出来てしまい、

次に使用した場合、
もっとひどいカブレを起こしてしまい、
これは一生続くとも言われております。

この様な3つの特徴からも、
カブレた方は今後はヘアカラーを
使用しないで下さい。

ヘアカラー(酸化染毛剤)を使用して
アレルギー反応が出るかどうかを
試すのが皮膚アレルギー試験、
つまり「パッチテスト」です。

過去に何回もヘアカラーをしても
カブレ無かった方でも、
体質の変化などによりカブレる場合が
ありますから、
髪を染める48時間前には、毎回必ず
下記の手順でパッチテストを行って下さい。

また、「永久染毛剤」であっても
オハグロ式とも呼ばれる「非酸化染毛剤」は、
「酸化染料」が使われていませんが、
まれにカブレを起こす方も居りますので、
酸化染毛剤同様、
使用前にはパッチテストを行って下さい。

テストを行い、
もしカブレが発生した場合には、
すぐにお近くの皮膚科の専門医に相談して下さい。

適切な処置が遅くなると、
それだけ症状が長引いてしまいますから、
早めの治療が一番です。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト) の方法を
説明致します。

【2剤式ヘアカラーの場合】

染めようとする薬剤の1剤と2剤を
少量ずつ所定の割合で小皿などに出し、
綿棒などで混合してテスト薬剤を作ります。

そのテスト薬剤を、
腕の内側に10円玉位の大きさに薄く塗り、
自然乾燥させます。

塗った部分が30分位しても乾かない場合、
ティッシュペーパーなどで軽く拭き取って下さい。

そのまま触れずに、48時間放置します
(時間は必ず守って下さい)。

テスト部位の観察は
テスト薬剤塗布後30分位と48時間後の
最低2回は必ず行って下さい。

その時塗布部に発疹、発赤、かゆみ、
水疱、刺激など、皮膚の異常があった場合には、
手などで擦らないですぐ洗い落とし、
皮膚科の専門医に診療を受け、
ヘアカラーは使用は中止して下さい
(48時間より以前であっても、
異常があった場合は同様です)。

48時間以内に異常が無ければ、
すぐにヘアカラーを使用して下さい。

» カラーに関するQ&A 

神保町・九段下の美容院「Berry(ベリー)」の店内

九段下、神保町の美容院Berry(ベリー)の行き方

  • 半蔵門線・都営新宿線・東西線
    「九段下駅」より徒歩2分
  • 半蔵門線・都営新宿線・都営三田線
    「神保町駅」より徒歩2分
  • 〒101-0051
    東京都神田神保町 3-2-5
    九段ロイヤルビル1階
  • TEL : 03-3261-1588
    (※ 完全予約制)

神保町・九段下の美容院「Berry(ベリー)」

Berry スタッフ

» 金成 真良

スタッフ紹介:金成真良

  • Berry店主
  • お客様のヘアー全て担当

» YURI

スタッフ紹介:YURI

  • Berry非常勤スタッフ
  • 着付け・メイク・まつ毛パーマ担当

最新掲載メディア情報

» TV

  • 日本美ナンダコリャこれくしょん
    デジタル衛星ハイビジョン
    2008年2月11日月曜日20:00~21:59放送
  • ムコ殿2003 (主演 長瀬智也)
    フジテレビ
    2003年4月17日木曜日22:00~23:09放送

» Magazine・Book

  • PLAN美容の経営プラン
    2007年1月号
    出版社:(株)女性モード社
  • エンバディデザイン岩本勝也の商空間デザイン、
    10年の軌跡
    発行:(株)アルファ企画
    発売:(株)ワークスコーポレーション

» Web

九段下・神保町の美容院ベリー(Berry)